ソリューション

  • Bottled Water Summer
  • Venus
  • GRIP
  • がんばらない!「楽習中国語!!」〜10日間のチャレンジ。学ぶから楽しむへ〜
プライバシーポリシー

財団法人日本情報処理開発協会より、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

プライバシーポリシー

免責事項
このウェブサイト上の情報は、細心の注意を払って掲載されていますが、必ずしも、常に保証されているものではありません。
また、株式会社ヴォーグは、利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、あるいは、当ホームページのご利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害についても何ら責任を負うものではありません。

総合経営支援ERPソフト GRIP

経営に必要な情報を指一本で掌握できる未来型の総合経営支援ERPソフト

<特許出願 第349082号> <著作権登録番号 P第5585号-1>

  • 製品概要
  • 機能・特長
  • 導入事例
クライアント

洋菓子製造販売・卸売業R社様

システム概要
  • クライアント数:約40台
  • POS拠点数:約20ヶ所
導入前の課題と今まで
  • 原価が把握できず、販売価格設定を勘に頼っているところが大きい。
  • 店舗売上および社内発注は、全てFAXで行っており、本部で取りまとめが煩雑である。
  • 店舗売上はFAXで把握できるが、生菓子の廃棄等が把握できず、適正供給量がわからない。
  • 顧客管理は各店舗の担当者が独自で把握しており情報の共有が出来ていない。
  • 仕入単価管理をもっと正確にしたいし、在庫のリスク管理を実現したい。
  • 日々の経理業務や経営データ作成にファイルを加工したりするのに時間がかかり過ぎ、経営戦略が立てられない。
  • キャッシュ・フロー状況を把握したい。
  • 各百貨店との取引条件に差異があるので管理が複雑な為、百貨店取引に対応したシステムがほしい。
  • 店舗数が多く回議・決裁に時間がかかりすぎるのを解決したい。
導入後の効果
  • 組別総合原価計算を採用。給与システムとの連動で人件費の原価計算にも反映し、又、直接費と間接費(材料費・労務費・経費)の設定をするとともに、原価を「売上原価のみ」と「売上原価+販売管理費」の二種類で算出することで、適正販売価格の判断が容易になった。
  • 各店舗から工場へオンライン発注。FAX漏れも無くなり情報集計の自動化により業務削減が実現した。本部でも各店舗毎にリアルタイムに売上推移がみれるようになった。
  • お客様の基本情報はもちろん、お好みや購買傾向までもカバーし、取引履歴も含め、キャンペーン・イベント等の情報を、お知らせメールで簡単に案内できるようになった。
  • 単価変動・最低在庫数・発注点などが設定でき、長期滞留在庫の把握も出来るようになった。又、アソート商品の在庫自動引当にも対応、実在庫数との差異が減少し管理体制が強化された。
  • 仕入・買掛等の各種仕訳データを会計システムへ取込めるので、経理部での作業が大幅に軽減され、経営に必要な作業に集中できるようになった。
  • 中・長期予算実績管理が出来るようになったので、その対策案や立案が立てやすくなった。
  • キャッシュフロー計算書も、月次・四半期・決算期毎に見れるので、資金管理が容易になった。
  • 百貨店別、製品、商品別にも値引率の設定や、期間限定のキャンペーン価格や催事価格にも対応できている為、販売手数料計算が自動計算でき、経理業務が大幅に削減できた。
  • GRIP稟議システムはインターネット上で利用できるので、稟議申請・決裁回議入力も簡単で操作でき、又、電子化による書類保管スペースも大幅に削減できた。